Kesayangan!

<   2005年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

焼き鳥ならぬ焼きヤギ

インドネシア バリ島 ウブドにて

私の好きな物シリーズ第2弾!
って,いつの間にシリーズ化したんだ(笑)?
まぁ,いいや.

バビグリンに続き,私の好物がこれ!
Sate Kambing(サテ・カンビン),ヤギの串焼きです!

b0070154_211111.jpg


サテにはいくつか種類があります。
鶏肉を使ったSate Ayam(サテ・アヤム)、牛肉のSate sapi(サテ・サピ)
ウミガメ(!)のSate penyu(サテ・プニュ)、そしてヤギ肉のSate Kambingです。

ヤギ肉はちょっと噛みごたえがあって、独特のコクというか、
とにかく私は好きです。
よく、ヤギは臭いって聞くけど、ごめんなさい、私それ感じないんです。
もしかしたら本当は結構臭いのかも(笑)。

カンビン屋さんにいくと、メニューは一種類しかない事が多いです。
サテカンビン定食、と言った感じでしょうか。
サテ、スープ、ご飯がセットになって出てきます。
スープはもちろん、ヤギでダシを取ったもの。
サテには、ピーナツソースがたっぷりかかっています。
サテをかじりつつ、ご飯を食べて、ピーナツソースをからめつつご飯を食べて、
スープをスプーンですくいまぶしてご飯を食べて…
おかずの品数は少ないけど、しっかりご飯が食べられるんですね。

カンビン屋さんを見つけるコツは、お店のショーウインドウに
ぶら下がっている肉を見つける事!
ちょっとグロいけど、ヤギの足の部分が皮をむかれた状態で
店先にぶら下がってる事が多いです。
店の前で炭をおこして、日本と同じ感じでパタパタと串を焼いている事が多いので
その煙をたどっていくのも一つの手です。
ただし、たどり着くまで何の肉かは分かりませんが(笑)

持ち帰りもできるので、ビールのおつまみにもいいですよ!
あ、そうそう。サテは10本単位で売られてる事が多いです。
でも、肉のひとかけらが小さいので、一人で10本位あっという間に
平らげられますのでご心配なく!
[PR]
by carambola | 2005-02-28 21:17 | バリ・インドネシア | Comments(18)

パチモンその2

ベトナム チョーロン(中華街)にて

以前12月にパチモン(笑)で紹介した、
世界一有名なネズミの刺繍のとなりに並んでいた
かわいらしいウサギの親子をご紹介。

b0070154_0131860.jpg


親子仲良く、美味しそうにニンジンを食べていますねぇ~。
ミニウサギの親子なのでしょうか、
○田酵素をかぶった巨大ニンジンなのでしょうか。
バランスが絶妙です!
あ、細かい根がたくさん出ていますねぇ。ニンジンはニンジンでも高麗人参でしょうか?

そういや、ルチン(ポリフェノールの一種)を作物にまくのが一時流行って、
友達がニンジンにルチンをまいて生育状況を調査していたら、
そのほとんどがマンドラゴラみたいに股裂けになってしまい(笑)
卒論が失敗した!って、マジで男泣きするのを
みんなで安居酒屋で励ましたのを思い出した。青春ですな(笑)。

はっ、こんな事まで思い出させてくれるとは(笑)
憎いな、ベトナム! (ノ´∀`*)

あ~、懐かしき思い出に浸ってたら日付が変わっちゃった(涙)
残念!毎日更新の夢、破れたり…(^^;)
懲りずに、来週もまた来てくださいね~。ンガ、クック…
[PR]
by carambola | 2005-02-26 00:25 | オモロもの | Comments(7)

歯に付くからね!

ベトナム ミトーにて

拠点としている街からちょっと遠い所へ観光したい時、
学生時代はバスやタクシーなど、交通機関を徹底的に調べまくって
自力でそこまで行く事が楽しかった。
もちろん、予定通りには行かなくて、周りに人に助けてもらったり
危うく迷子になりかけたり。
でも、そんなハプニング性が楽しくて。

私の場合、旅は行く前の準備をしている時が一番充実してる。
実は、私は行き当たりばったりの行動を取るのが苦手。
その時の気分を尊重して、気の向くままにゆったりと…というのには
あこがれるんだけど、実際やってみるとどうも私の性格が許さない。
リゾートでゆっくり本でも読んで風を感じる…なんてとてもできそうもない。

働き初めてから、時間が取りにくくなったのもあって
最近は、気軽に利用できる現地ツアーを使って
遠出をする事が多い。

ツアーというと、おみやげ屋さんに連れて行かれたりするので
ずっと敬遠していたんだけど、実際行ってみるとそんなに嫌な物ではないなぁ、と
思えるようになってきた。
なんだろう、社会科見学というか、工場見学というか、
おみやげ屋さん、と言っても大概はその工場が併設されている事が多くて
特産物の製造工程なんかが見られて結構面白い。
むしろ歓迎したいくらい。
まぁ、こういう物に興味がない人にとっては
本当に時間の無駄に感じてしまうだろうけど。

去年行ったベトナムでも、メコン川のボートトリップがしたくて
ツアーに申し込んだ。
以前は何となく分かればいいや、と英語のツアーに参加していたけど
最近はせっかく聞くなら隅々まで理解してやろうと日本語のツアーを申し込む事にしている。
工場や果樹園などに連れて行かれた(笑)ときに、
逆手にとってガイドさんを通訳代わりにして聞き込みをする、ということもできる。
ガイドさんを含めた現地の人も、あれこれ聞くと結構嬉しそうに案内してくれる。
自分たちの事、国の事を、表面だけじゃなく、ディープなところまで
興味を持ってもらえたら嬉しいもんね。

そんなツアーで出会ったキッチュなお菓子のご紹介。

b0070154_1832187.jpg


これ、見た事ある人も多いですよね。
メコンデルタ名物???ココナツキャンディ。
これ、一個一個手作業で作ってたんですねぇ。さすがベトナム!
どうやって作るかって言うと~

まずはココナツミルクを絞ります。ゴメン写真無いんだな、これが。
ココナツの実を割ると中に白いプルプルした果肉がへばりついてます。
これをこそげ取ったものに、水を加えてもんで絞ります。
そうすると、白い液体がとれるというわけ。

その液体をグツグツと煮詰めていきます。

b0070154_18353368.jpg


で、さらさらな状態からもったりとキャラメル状にまで煮詰まったら
ボールにあけて成型台へ。
あ、緑色をしているのは着色料ではなく、匂いのする葉っぱです。
何の葉っぱだろう… 聞くの忘れちゃった。

b0070154_18371330.jpg


油を手に塗って、まだ熱いであろうキャンディを大まかに伸ばします。

b0070154_1838253.jpg


それを型に入れて厚みをそろえます。
この作業をする頃にはキャンディが冷めて硬くなってきているので
結構力がいりそうな感じ。

b0070154_1839323.jpg


b0070154_1839181.jpg


伸ばしたら、決まった大きさに切り分けてラッピング。
一つ一つ丁寧に包むんだよねぇ…
でも、みんなおしゃべりしながら楽しそう♪

b0070154_18401214.jpg


で、袋に詰めて、「ここでしか買えないよ~!」という文句と共に
観光客に数倍の値段で売る、と(笑)。

でもね、キャンディ、素朴な味がして美味しいです。
値段が数倍するのも、工場を見せてもらった見学料だと思えば
まぁ、一つや二つは買ってあげようかな、と言う気持ちにもなります。

このツアーでは他にも色々巡ったけど今日はここまで~(^o^)
それはまた今度ね(ネタが切れるから?とか言ってんの誰(笑)?)
[PR]
by carambola | 2005-02-24 18:42 | ベトナム | Comments(22)

鳥よけ

インドネシア バリ島 ウブドにて

ウブドではいつもお散歩をするんだけど,
この日はいつもよりロングコースを計画!
ウブドは谷が多いので,一本道を間違えると何キロも先まで行かないと
谷が渡れなかったりすることもざら.
だから必ず地図を見て通るルートを決めてから出かける事にしている.
ガイドブックの地図にマーカーで印を付けて,いざ出発!

町中から一本路地へはいるともうそこは別世界.
気持ちのいい風が広々としたライスフィールドをサァーっと吹き抜けます.
あ,アヒルの集団が一列になって道路を歩いてる!
きっとこれから田んぼの雑草取りのお仕事に行くんだな.
子供達が網を持って用水路で遊んでる.
何が捕れるんだろう?
農薬を多用しない農法だからこそ,安心して用水路にも入れるし
いろいろな生き物も住める.アヒルの出番だってちゃんとある.

でも,最近は,教育が行き届いたり,
農業だけでなく,他の仕事と掛け持っている人が多くなったことで
省力化のために農薬を使う人も多くなってきたとか.
う~ん,使うな!とも言えないし,ちと複雑c(・x・`o)
乱用さえしなければ,場合によって使ってもいいと思うけど…
アヒルで用が足りるならアヒルを使っててくれないかなぁ~
なんて,つい,利己的な考えをしてしまったり.

そんな事を考えながらライスフィールドを歩いていたら
カッカッカッカッカカカカカ…
ん?何この音.
しかも早くなったり遅くなったり,音の調子が絶えず変わってる.
周りには家もないし,誰もいないし.どこからこの音は出てるんだろう?
きょろきょろしてたら… あ,あれだ!

b0070154_1551129.jpg


背が高いから、ただの棒だと思って通り過ぎちゃってたけど
これ、鳥よけですね。
ズームにするとこんな感じ。

b0070154_15522875.jpg


手前に付いているプロペラのような物が風を受けて回転すると、
プロペラの軸が回転して、その軸に付いているツメのような物が
竹でできた二本の棒に交互に当たって、歯切れのいい音を響かせる仕組み。
あ~、だからリズムが一定じゃなかったんだね。
しかもこの鳥よけ、風向きに応じて回転するようになってない???
すごーい!しかも、手作りだよ。

私も作ってみたくて、その場に座り込みいつも持ち歩いているメモ帳に
鳥よけの部品をスケッチしました。
…が、東京で、しかもマンションでこんな物をカラカラ回すわけにもいかず(笑)
制作は断念しましたが。

その後もどんどん予定のコースを突き進んでいきました。
…が、谷を渡るはずの道が見つからない…
あれ~?この辺のはずだけどなぁ、もう少し先かなぁ?
地元の人に聞いても、イマイチ的を得ない…
そうこうしているうちに、はまってしまいましたよ、ええ。
当初の予定でもロングコースだったのに、その予定を遙かに超えて
13Km位のヘビーなお散歩になってしまいました(涙)
宿に戻ってきて飲んだビールのうまかった事!
後で地元の人に地図を見てもらったところ、あちこちおかしな部分があるとの事。
…やられた!地球の迷い方め~! へ(×_×;)へ
[PR]
by carambola | 2005-02-23 16:04 | バリ・インドネシア | Comments(11)

こんなところで?!

インドネシア バリ島 ングラライ国際空港にて

昨日に引き続き、実のない話ですみません。
ちょっとバタバタしていて、ブログ毎日更新の危機(笑)です。

今日は、空港内で見たちょっとエッ…( ゜Д゜)☆な光景を。

いつも後ろ髪を引かれつつ出発の2時間前には
ングラライ国際空港へ向かうわけですが、
チェックインしてしまうと後はやる事がない(笑)
手持ちの紙幣はもう無いし、
まさかカード使ってコーヒー飲むってのも…ねぇ。
だいいち、レストランのメニューには「きつねうどん」「しょうゆラーメン」の文字が…
しかもRp.60000(780円)だった気が…
イヤでもこれから日本へ帰ろうってその時に、何でそんな値段を払ってまで
うさんくさいうどんやらラーメンを食わねばならんのだ?!
でも、ただボーッと2時間座ってるのも退屈…
ってことで、おみやげ屋さんをブラブラ冷やかす事になる。
うまくできてますね~(^_^;)

いつも通り退屈しのぎに空港内をブラブラしていたときのこと。
あれ、免税店が改装中だぁ… いつ工事が終わるんだろうねぇ…
なんて通り過ぎようとしたら…はい?

b0070154_12474934.jpg


あなた、どこからお入りになりましたの(笑)?
お母さん…もやっぱりこのビルの中に住んでるんだよねぇ。

何とものんびりした国ですねぇ…
[PR]
by carambola | 2005-02-22 12:49 | バリ・インドネシア | Comments(11)

ジューゴネンはネーン

沖縄 那覇にて

去年、沖縄に遊びに行った時。
那覇の街をいつものようにぶらぶらお散歩していた。

b0070154_1815077.jpg


b0070154_18151579.jpg


やちむん通りで焼き物を冷やかさずにネコを冷やかして歩いたり(笑)
井戸を見つけて、用もないのに水を出してみたり。
そんな事をしているうちにあっというまにやちむん通りはおしまい。

じゃぁ、他の道を通って公設市場にでも戻ろうかなぁ…
なんて歩いていたら、ド派手な看板発見!
しかも何じゃこりゃ?

b0070154_18175359.jpg


ジューゴネンはネーン
…な、なに?c(・x・`o)
ドラ○もんのようなイラストはまさかジュゴンですか…?
しかも、よく見えないけど下に「ジュゴン応援団」って書いてある。

沖縄は世界中のジュゴンの生息域の北限なんだそうです。
今、名護の沖合にはアメリカ軍の普天間基地の代替基地が建設されようとしていて
そのために埋め立てなどの開発がされることで、ジュゴンが住めなくなってしまう。
そりゃ、イカンだろう!という運動が数多くされている事は聞いた事があったけど
それの一環でしょうか…

ジューゴネンはネーン…
十五年はネーン???
一体,なにを私たちに伝えようとしてるのか(笑)
とりあえず,沖縄のジュゴンの存在だけは心に深く刻まれましたわ(^_^;)
[PR]
by carambola | 2005-02-21 18:43 | オモロもの | Comments(16)

クルプック!

インドネシア ジャワ島 パガンダランにて

今日はクルプックの話.
何じゃ,「クルプック」って…って,ほとんどの方が思われると思います.
クルプックてのは,インドネシアのおせんべいの事.
タイや,ベトナムにも同じような物はあります.
一般的なのはクルプック ウダン.
ウダンとはエビの事.そう,えびせんです.
形こそは違うけど,にほんのカッ○えびせんと同じ味です(笑).
他にも、魚、野菜、ニンニク、ウンピン(苦い)味などがあります。

何よりいいのは日持ちがすると言う事.
クルプックはキャッサバのでんぷんにエビや魚などの
フレーパーになりうる物を加えてよく混ぜた物を
成型して乾燥させてあります。
だからキチンと保存しておけばかなり持つはず。
食べる前に低温の油でジュ~っと揚げます。
すると、一枚のプレート状だった物が一気に4~5倍の大きさにふくれあがります。
さめてももちろん美味しいですが、揚げたてのクルプックは
フワフワサクサクで、また別物です。

ここまで書くと、あぁ、食べた事あるよ♪という人も出てきますよね。
じゃぁ、作っているところは見た事ある???

まず、揚げる前のクルプックはこんな感じ。

b0070154_14282932.jpg


これは一枚板タイプじゃないですが、同じように何倍にもふくれます。
アミアミな分、熱も通りやすいし、何よりかわいい♡(^-^)

このアミアミどうやって作っているのでしょう~?
現場へご案内。

b0070154_14284594.jpg


あら、作っているのはこの家の子供ですね。
お手伝いご苦労様。
インドネシアの学校は二部制なので、決して学校に行っていないとか
さぼっているとか、そんなわけではありませんのであしからず(笑)。

彼らの目前に白い糸のような物が見えます.
これがクルプックの生地です.
彼らの頭上に生地を入れるタンクのような物があって
そこから絶えず細い糸のように落ちてくる仕組みです。
この生地、結構柔らかい。指ではつまめない位です。
仕事をしていない時、受け損ねた時には下に置いたボールにたまります。
そんな細く、柔らかい生地をどういう風に丸く、模様のように編み上げるのでしょう?
私、実際にやらせてもらいました。

b0070154_14322939.jpg


こんな風に,空き缶の底?を手に持ち,上から落ちてくる生地を
均等に受け止めるのです.そう,まるでソフトクリームを巻き取る感じで.

これがまた難しいんです!
生地が結構な勢いで落ちてくるので,一瞬で型は一杯に.
平らに仕上がるはずの物が、あり得ないほどの山盛りに(笑)
それだけでは収まらず、型からあふれ出る始末!
無理ですからぁ~! (o`・∀・)っ

こうして苦労して(?)形作られたクルプは、
天日に干されてカチカチに乾燥されます。

b0070154_14483420.jpg


なんだか、小さなライスペーパーが干されているみたい。

クルプックはインドネシア、タイ、ベトナムのスーパーやよろず屋さんで
売ってます。食堂なんかには揚げた物が置いてある時も。
お手軽に作れて誰の口にも合いますから、お土産なんかにも最適ですね!
[PR]
by carambola | 2005-02-18 14:49 | バリ・インドネシア | Comments(12)

高速のドリアン売り

インドネシア ジャワ島にて

今日はちょっとお疲れモードなので短めに(笑).

この間,路上の果物売りの話をした時に
高速道路でドリアンを売っている人がいるって話をしました.
その写真,発見したので載せておきます.

b0070154_19273371.jpg


ね、一応、端ッコに寄ってるけどドリアン持って座り込んでる(笑)。
この写真を撮った時には、もうすでに何人ものドリアン売りの横を通り過ぎてます。
なじみの店?とかあるのかなぁ?

ドリアンがうっかり道路に転がり出たら…
①車にはねられてサッカーボールのようにドリアンが飛んでいく
②車が踏んでタイヤがパンクする
③飛んだかけらでドリアン売りがケガをする
④現場には、何とも言い難い残り香が…

高速道路も持ち込み禁止にしたほうが良くない(笑)?
[PR]
by carambola | 2005-02-17 19:36 | バリ・インドネシア | Comments(4)

グッドアイディア!

最近,手作り雑貨なんぞがブームですね.
最初から,作る物を決めて,材料を買ってきて,
プロトコル通りに作っていくのも楽しいけど,
なんてことない材料を目の前にして,
何を作ろうかなぁ… これで何ができるかなぁ…
なんて,ゆったりと考えるの,ちょっと素敵.
いろんなアイディアが浮かんでくるといいんですが
これがなかなか浮かんでこない(^_^;)
普段からセンスを磨くべく,色々見て歩くといいのかも.

いつも通りお散歩をしていたら,こいつは!!!( ゜Д゜)☆
という雑貨に出会いましたよ.

b0070154_17151923.jpg


かわいいですよね.カエルさんの寄せ植えポット.
カエルの緑と植物のさわやかな黄緑色がぴったり!
これ,元々なんだと思います?
答えは、ウキです。
ほら、漁師さんが網を仕掛けるのに使ったり、
海水浴場で、ここから先に入っては行けませんよ~って
海面に浮いていたでしょ?あれです。
側面を切り取ってカエルの口に見立てるとは!何というアイディアo(>▽<)o
ちなみに,このカエル仲間,ポストも見たことがあります.
やっぱり口に見立てた投函口を開けてました.
で,裏側に取り出し口を付ける,と.

b0070154_17493241.jpg


お次はこれ。アヒルさんの置物です。
ウッディでいい感じ~。胸毛(笑)?もいい味出してます。
実はこれ、今年の年賀状に使ったんですが(^_^;)
さて、この子は一体何からできているでしょうか?
答えは竹の根っこです。
言われてみると,あぁ~!( ゜Д゜)b☆ って思うでしょ?
見たことない人は…もうすぐタケノコの季節だから
タケノコを掘るついでに竹の根元を掘ってみて観察してきて下さい(笑).

いずれにも言えるのが、元々の特長を良く生かしているなぁ、と言うこと。
まっさらな物から全く違う物を作り出すのはある意味、簡単だと思うんです。
でも、こんな感じで元の姿を生かしつつ、でも全く新しい物を生み出すってのは
非常に難しい!まさに、ひらめき勝負です。

これって、開発支援なんかにも言えると思うんです。
全く新しい文化を持ち込んで、それを押しつけるのは簡単です。
でも、それはきっと定着しないと思うし、個性も失われかねない。

近所の商店街がある日いきなり、
最近?流行りの昭和30年代の町並みに変わっていたら…
初めは物珍しさでお客さんも一時的には増えるし、
それに伴って地元も活気づくでしょうけど、
徐々に飽きられて、ますます寂れる…なんてことはよくある話。
レシピエントに対する適合性を考えずに新しい文化を移植しても滅多に活着しません。
むしろ、お互いを異物と認識して切り離そう、切り離そうという方向に向かってしまう。

元からある物を上手に生かして、かつ現代の・その地域のニーズに合わせてやる。
それでこそ、自分たちの文化に愛着も湧くし
自発的な発展につながる、ってなもんではないでしょうか。
勉強も恋愛♡も、受動的なものは長続きしません。
やっぱ能動的に行かなくちゃ( >ω<)9 

そんなひらめきが少しでも多く パッ!と生み出せるように
これからも様々ななものを見聞きしていきたい。
いろんな人と酒を酌み交わしたい!
これからもセンスアップ、頑張りまっす♪
[PR]
by carambola | 2005-02-16 18:12 | オモロもの | Comments(9)

ベトめし!

ベトナム ホーチミンにて

東南アジアに行くと,屋台飯を食べることが多い.
安いから,と言う理由もあるけど,ボリュームが調整しやすい,というのも
私にとっては重要な理由.
なんせ,一日中,目に付いた物をパクパクと口に入れてるわけだから
お腹がそんなにすくわけがない(笑).

あれも食べたい,これも食べたいψ(`∇´)ψ 
食べたいものが空で言えるほど,旅に出る前には食べ物チェックを怠らない私(笑).
お腹がすいていないからと言って,
ご飯を食べるチャンスをみすみす見逃すわけにはいかないのです!
ただし、残念なことに私、あまり量を食べられないんです。
私と一度でも会ったことのある人は「はぁっ???( ゜Д゜)☆」と
言いたいでしょうが(笑)、イヤ、ホント。
酒はいくらでも飲みますが量は食べられません。
私の肉はすべて水分でできています(笑)。

私の肉の話はともかくとして(笑)、色々食べたい、でも量は食べられない、
という私にとって屋台は強い味方なのです。

b0070154_18515238.jpg


さてさて、今夜のお店はアヒル屋さんです!
美味しそうなアヒルさんが店先にぶら下がっています。

さっそく料理を注文。屋台料理ですから凝った物はありません。
お粥、おこわ、フォーの三本柱で、それぞれ具材が違う、そんな感じ。
ここはやはりアヒルでしょう!
オススメをお店の人に聞いてみよう!と思ったら問題発生。
…英語が通じません(笑) どうしましょう (^_^;)

逃げたら負けですよ(笑)
アンタんとこの料理食べたい!という気持ちさえ伝わればいいんです。
それに最近は便利な本も出ています。
皆さんもきっとご存じ「指さしシリーズ」です。
発音が難しい言葉、タイ語のようにニョロニョロしてて
どこが字なのかさえも理解不可能な言葉の時は特に威力を発揮します。
この時も、指さしで無事?コミュニケーションをとることに成功しました。

おお、兄ちゃん、いい手つきです!
ささっと手早く料理してくれます。

b0070154_1934147.jpg


333(バーバーバー:ベトナムのビール)に入れた氷をカラカラと
回しながら、兄ちゃんを見物。
他のスタッフ&お客さん達は、私の指さし会話帳をみんなで見物(笑)
うけてます、うけてますよぉ! ( ̄m ̄*)

で、無事料理も到着(笑)

b0070154_18595875.jpg


ウン、うまい。
胃に重い物がないのでさらっとお腹に入ります。
いろんな種類を注文して友達とシェアしました。

「ゴン クア!(おいしい)」と伝えると、お店の人たちも嬉しそうに笑ってくれます。

b0070154_1953495.jpg

b0070154_1954859.jpg


言葉が通じなかったのに気持ちが通じたからでしょうか
お店のスタッフともいつも以上に仲良くなれた感じ。
店主のお姉さんとも仲良くなって、
初めて訪れた私たちにビールをごちそうしてくれました。

そうしているうちに、あれれれ…

b0070154_1983199.jpg


隣で飲んでいたおじさん達まで私たちの所へやってきた~ o(>▽<)o
グラスとビールを持ってきて、私たちに注いでくれました。
お互いの国の「乾杯!」が何度も何度も響きました。
言葉はほとんど通じなかったけど、今、お互いに「こいつ、いいヤツじゃん!」って
思ってるよなぁ、って感じました。心が通じてる!

…お互い酒飲みなだけ(笑)?それだけじゃないもんっ(o>ω
夜遅くまで飲み明かしたかったけど、実はこの夜は帰国日でした。
あ~!昨日までにこの店に来ていればゆっくり交流できたのに!!!
本当に後ろ髪を引かれる思いで、店を後にしました。
指さし会話帳は、次に迷い込んできた日本人にも
同じような交流をして欲しくてお店に置いてきました。

すべて順調なように聞こえますが、
実は、外はものすごい土砂降りだったんです。
来た時は雨なんか降ってなかったのに…
傘なんて持ってないし、仮に持っていても全く歯が立たない位の土砂降り。
でも、帰るしかない。空港に行かなくちゃ。
そうしたら…
飲んでいたおじさん達が「車でホテルまで送ってあげる!」と言ってくれるのです。
ホテルまでは400mくらいで距離的には近かったのですが、
さすがに飲酒運転をさせるわけにはいかないし(最後にはどうせ車で帰るんだろうけど)
何より、車を取りに行く間におじさんがビショヌレになってしまいます。
丁重にお断りしました。
「大丈夫!走って帰るから。ありがとう!また会おうね!!!」
荷物を抱え込んで通りに飛び出そうとした私たちに、今度は店主のお姉さんが
「これを着て行きなさい」と言うように、売り物の雨合羽を一人に一つ渡してくれたのです。
もちろんお金は受け取ってもらえませんでした。

「シン カム オン!(ありがとうございます)」
相変わらずの土砂降りの中、手を一生懸命振りながら
私たちは店を後にしました。
靴も洋服もやっぱりズブヌレになっちゃったけど、心から嬉しくて
げらげら笑いながらホテルまで走って帰りました。

あの雨合羽は大事に日本へ持って帰りました。
ペロッペロのすぐにも破れてしまいそうな、
そして日本では二度と着ることもないだろう雨合羽ですが、
今でも大事にしまってあります。大切な思い出です。

これだもん!
あ~、やっぱりアジア旅は、そして屋台飯はやめられない!o(>▽<)o
[PR]
by carambola | 2005-02-15 19:28 | ベトナム | Comments(12)



2015年 今年も懲りずに続けます(笑)
検索
最新のコメント
お元気そうで安心しました..
by mayis-havaalani at 14:07
ジビエ料理、興味ありです..
by pudina at 19:37
うちの近所にも「ジビエ料..
by bossba at 10:37
おひさしぶりで~~す ..
by 福にゃんママ at 13:43
元気そうで何よりです、 ..
by tokunosuke23 at 20:53
おしかちゃん美味しそう♡..
by petapeta_adeliae at 14:26
>ポン太さん お鹿ちゃ..
by carambola at 18:58
おしかちゃん、食べられち..
by tanukidaponta at 20:19
>bossbaさん 沖..
by carambola at 22:25
いいな~ 南国らしい大..
by bossba at 20:31
>アラックさん ご無沙..
by carambola at 16:39
>pudinaさん 沖..
by carambola at 16:37
>ソーニャさん 韓国の..
by carambola at 16:35
>mayis-havaa..
by carambola at 16:32
>ポン太さん 司会者の..
by carambola at 16:29
大変ご無沙汰しています、..
by arak_okano at 03:54
開始まで飲み食いしながら..
by pudina at 23:02
沖縄のお重は韓国のと同形..
by petapeta_adeliae at 22:42
招待者300人て規模が大..
by mayis-havaalani at 21:13
こりゃすごいポン! 出..
by tanukidaponta at 17:03
以前の記事
フォロー中のブログ
トリップアドバイザー
*お知らせ*
豪快な(笑)【男前】弁当は,
専用ブログに引っ越ししました♪
こちらの【男前】弁当へどうぞ~!



あわせて読みたい

Bali大好き

新・旅とホテルと通販生活.

bungan champakane miik

Sari wangi

ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Back to Back



サヌール ホテル
カテゴリ
アクセス解析
住宅ローンについて
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧